外壁塗装に使う塗料でおすすめのものは?

外壁塗装に使う塗料でおすすめのものは?

外壁塗装は、アクリル系・ウレタン系・シリコン系・フッ素樹脂といった樹脂成分の違いが特徴になっている一般塗料と光触媒や断熱・遮熱効果など機能性を持つものの2つに分類されます。機能性があるタイプは長持ちすると同時にそれぞれの機能を発揮することになるが特徴で、光触媒の場合は汚れを浮き上がらせて雨が降ったときそれを洗い流してくれる機能があるので、外壁が長期間きれいな状態を維持できるメリットがあります。ただ、機能性を持つタイプは一般的な外壁塗装のペンキとは異なり、単価が高くなるので予算に合わないと利用できません。アクリル系は4つの中では耐久性が一番低く、耐用年数としては3~4年といわれています。そのため、3~4年に一度の割合で外壁塗装が必要になりますが、塗り替えを楽しみたい人などの場合はコストも安いので、定期的に外壁塗装で好みの色やデザインの家に変えることができるといったメリットもあるので、選ぶ人も少なくありません。

外壁塗装が完了するまでどのくらいの時間がかかるか

外壁塗装を実施する時にいつ完了するかは大事です。施工時には建物を養生シートで覆う必要があり、家も留守にできないなどの負担があり、いつ終わるかを知っておくとストレスを軽減できます。通常の住宅では完了までの時間は1?2週間です。しかしさまざまな条件によりこれよりも長くかかることがあります。外壁の面積が広いとそれだけ塗る作業も多くなるので長くなります。いくら大きな建物でも窓が多いと塗る面積は少なくなるので、建物の大きさではなく外壁の広さで違ってきます。塗る塗料によっても違っていて、通常は下塗りや上塗りなどで3回塗りを行いますが、特殊な塗料だと長い時間がかからこともあります。他にも気候にもより梅雨などの雨が多い季節や悪天候が続く時期では雨の日などの天候が良くないと作業ができない、下塗りが乾くまで中断することもあり、予定より長くなります。このように施工の期間はさまざまな条件で変わってくるので、外壁塗装を行う時はどのくらいで完了するか、最長どのくらいかからかを確認することが必要です。

 に関する情報サイト
外壁塗装のミニ知識

こちらのサイトは、外壁リフォームを塗装で行う場合のミニ知識をご紹介しています。外壁のリフォームは劣化した部分を丸ごと張り替える方法や新しい外壁材を既存の壁に張り付ける方法、そしてペンキを使って塗装する3つのやり方があります。ここでは、外壁塗装に関するミニ知識をご紹介しており、塗装で利用する塗料にはいろいろな種類があるけれどもおすすめなものにはどのようなものがあるのか、工事のとき近隣に迷惑が掛からないようにするための対策などをご紹介しているので参考にされると良いでしょう。

Search